水回りをリフォームしたい時にまず自分でするべきこと

戸建てやマンションなど自分の持ち家と呼ばれる場所に住んでいる方は、長年住んでいると先ず気になってくるのが水回りの部分です。劣化が目立ちやすく水を使う場所なので、傷みも券所に現れてしまう上にお客様からも目に留まる場所である為です。そこで、水回りのリフォームを検討する方が多くいらっしゃるのですが、リフォームをしたいと考えた場合には先ず何をすれば良いのか、見積もりなどの相談はどこへすれば良いのかこういったことについてお話していきます。水回りに限らずリフォームにかかる予算はできるだけ抑えたいもの、しかし安ければいいというわけではありません。安価に済ませられたけど直ぐにまた不具合が出てしまったなんて事では、結局何度もリフォームして高く付いてしまう事にもなり兼ねません。

水回りのリフォームにはそこにかかる内訳を知る事

水回りのリフォームと一口に言っても、キッチンからバスルームにトイレ、洗面台までとその場所は様々あります。この中で一番安価にリフォームができるのはトイレで、その相場は5万円程からとなります。トイレを5万円から10万円までの範囲でリフォームしたいとなると、できる事としてはクロスの張替えや床部分のクッションフロア張替えに、手すりを付けたりすると言った内容になります。ウォシュレットをトイレに取り付ける場合も5万円程の予算で可能となります。では反対に高額のリフォームとなる場所ですが、これはキッチンのリフォームです。キッチンでも水道の蛇口を取り替える、ガス代を新品と交換するという部分的な範囲であれば10万円程からとなりますが、対面式のキッチンやオープンキッチンへと変更するなど大きなリフォームをする場合では100万円以上かかる事も、決して少なくありません。

水回りのリフォームでバリアフリーにする

水回りのリフォームを考える理由には、劣化以外にもバリアフリー化を考えてという方も近年は大変多くなってきています。理由としては15年以上前に建てられた建物はドアの敷居始め様々な箇所に段差があり、車椅子ではもちろん少し足が不自由になってきたという程度でも、毎日の暮らしには大きな障害となるパターンが多くあるのです。そこで先ほどもお話ししましたがトイレに手すりを付けたり、同じくバスルームにも浴槽サイドや壁に手すりを付ける、浴室乾燥や暖房を付けるなどの小規模バリアフリー化も水回りのリフォームとなり、それと同時にではキッチンも新しくと考える方も少なくありません。どちらにしてもリフォームを考えたら先ず始めにする事は、その内訳をしっかり見極める事です。何かわからないけどお金がかかったという事にならない様に、内容をしっかり把握して素敵なリフォームをして下さい。